ワキ脱毛をしたいから

下半身、太ももは重力の影響で老廃物が溜まりやすく、冷えやすく、どうしてもむくみやすいものです。反対に考えれば、むくみ解消をするだけで、下半身、太ももの太さを大きく変化させる事が可能なので、むくみ解消に有効的なリンパマッサージを実践してみましょう。

 

まず、大人の女性の体重の約70%は血液を含む水分で構成されているそうです。この水分は血管とリンパ管により、体内で循環されています。そして、この血管(静脈)とリンパの流れが悪く滞る事で起こる事が、むくみとなります。

 

とくに女性は生理によるホルモンの分泌の変動で自律神経が安定しないので、男性と比べると皮下脂肪が多く、血管の流れが良くなく、むくみやすいと言えるでしょう。

 

朝、起床後に足が重たくないですか?
夕方に足がパンパンにはりダルさを感じませんか?
ダイエットはしてるのに下半身だけ太くないですか?
セルライトができ始めていませんか?
上記のような、むくみはダイエットでは解決せず、放置しておくと最悪の場合セルライトになります。そうならない為にも、太ももをリンパマッサージでむくみを取りましょう。

上半身は痩せてきたのに太ももだけはどうしても細くならない、このような方は多いと思います。下半身の中でも特に痩せにくい、ダイエットしにくいところと言われる太ももを細くするには、どうすれば良いのかを、ご紹介させて頂きます。

 

すぐに始められて効果抜群の脚痩せ、太ももダイエット方法ばかりなので、是非お試しください。

 

美しい理想の太ももとは?

 

太もものベストなサイズ、理想のサイズを皆さんはご存知でしょうか?何となく見た目が良ければいい、見た感じ細ければいいというのは間違いではありませんが、理想の太ももを理解し、それを目標にする事でダイエット、脚痩せのモチベーションも上がるはずです。

 

太ももの理想のサイズは「身長(センチメートル)×0.3=太もものベストな理想的な太さ」(太ももの一番太い場所の一周の長さ)です。早速、身長をあてはめて理想、ベストな太もものサイズを調べてみましょう。

 

あくまで数字上の話なので、出た数字よりも多少細いやふっくらした太ももを目指すのは好みだと思いますが、自分に合った理想の太もものサイズを知り、それを目標にし目指すことは大切なポイントとなります。

 

むくみ解消!リンパマッサージ

 

土ふまずのマッサージは、足のむくみを解消するときに大きな効果を発揮します。足がむくんだときに、そのムクミが定着しないうちに足裏の土踏まずをマッサージして、早めに対策して本格的な足太りを予防しましょう。

 

足指グルグルストレッチで足のむくみをとりましょう。このストレッチは、足全体の筋肉を動かしてのマッサージに匹敵する効果があります。足のむくみをとってスラリとした脚を作ります。

■運動も食事量の制限もしたくない人用メニュー
・炭水化物(主食)をバナナとじゃがいもに限定する。
・タンパク源(肉・魚・卵類)は皮を除去した鶏肉、砂肝、豆腐、100gあたり120kカロリー以下の魚、エビ、イカ、タコ、貝類、かまぼこに限定する。
・脂質は極力とらない。(でも健康のために毎日10gくらいは摂取したほうがいい)
・揚げ物禁止、油削減、菓子ジュース禁止、外食禁止。
・ビタミン・ミネラル(特にカルシウム)が偏る恐れがあるのでサプリメントで補給する。
・タンパク質中心の食事は腸内環境を悪化(悪玉菌を増加)させる恐れがあるので、善玉菌を増やすために毎食後に乳酸菌と食物繊維のサプリと、オリゴ糖小さじ一を摂取する。

 

 その他メモ
・豆腐はスーパーに売ってるしょっぱい漬物と合う
・「鶏ハム」の作り方を検索しておくと役に立つ
・「豆腐ハンバーグ」の作り方を検索しておくと役に立つ
 上の二つは大量に作り置きして冷凍保存もできます。

 

足のむくみに効果的なストレッチ
足のむくみや足の冷え、足のだるさなどは、足の血行が悪いために
起こります。重力の中で生きている以上、血液は下にたまりやすい
わけで、それを押し戻す筋肉が衰えていれば、なおさらでしょう。

 

足のむくみには、足を高くあげるのがとても効果的です。
下半身の血液の循環をよくして、むくみをとり去ります。

 

むくみとりストレッチ

 

 

1、仰向けで腰から足をぐっと上に
  持ち上げます。

 

2、足を交互に頭の上につけて 
  勢いよく動かします。

 

 

ひざの後ろ側は伸ばすようにすると
効果的です。20回ほど行います。

 

これがキツイ人は、壁にもたれ
かかってやってもいいでしょう。

コルチゾールの働きによって、体内の水分を溜め込むようにする働きがあります。これはつまり“むくみ”につながるのです。

 

それと前回の記事に書いたように筋肉もコルチゾールの分泌によって少なくなってしまうのですが、足の筋肉が少なくなると、下半身の血液を心臓に戻す力が弱くなってしまうので、同じように老廃物も下半身に溜まりやすくなります。
上半身に比べて下半身がむくみやすいのはこういう理由です。
女性なら誰でも足のむくみは経験があるでしょうが、これも男性に比べると筋肉量が少ないのでむくみやすいと言えます。
ストレスがたまるとこんなことが体内で起こっているなんてビックリですよね?
たかがストレス・・・なんて侮ってはいけません!やはりストレスは適度に解消するようにしましょう♪

 

 

まとめ: ストレスでコルチゾールが分泌されることによって起こるのは以下のような事です。

 

【ストレスが溜まる】→【コルチゾール”が分泌されてストレスに対抗】

 

【成長ホルモンの減少+筋肉がやせ細る】→【下半身を中心にむくみやすくなる】

 

というデメリットがあり、最終的には太りやすくなるのでストレスを溜めないようにするのは大切だということがわかりました。

 

冒頭の話ですが、女友達の言っていた、『ストレスがなくなれば痩せる!』というのは、意外なことに医学的にも正しいことだったのです!
最後になりますが友人いわく、『食べることに罪悪感を持つと、それがストレスになって余計に太るし、満足感がないからすぐにお腹がすくから思いっきり楽しんでたべるようにしたら自然に痩せた!!』 とのことなので、みなさんも食べるときは楽しんで満足する!食べない時はしっかり我慢する!といったメリハリをつけて、ノンストレスでダイエットするようにしてみてくださいね。

 

食べ過ぎは良くないですが、しっかりと楽しんでストレスを解放することには意味がある、ということを覚えておいてください♪

 

 

【関連おすすめ記事】

 

・バストアップの事ならピーチボンボン

 

・手足をキレイに除毛するならヘアリムーバー

 

・簡単に痩せれる酵素は飲む生酵素

 

・バレンタインギフトのことならバレンタインギフトの選び方

ポジティブでいると太らない!としたら、本当だと思いますか?
最近、話していた女友達とダイエットの話をしていて、こんな話を聞きました。
『ストレスを溜めないようにして、ダイエットしなくなったら痩せたんだよ!ダイエットしなきゃと思うとストレスが溜まって余計に食欲が湧く気がするから、食べるなら食べるで楽しんだほうがいいよ♪』
と言われ、最初はそんな馬鹿な話はないだろう・・・と思いました。
ただ、確かに半年前に会った時より見た目に思っきり痩せていたので、不思議に思って根拠があるのかどうかを調べてみることにしたのです♪

 

 

・ストレスを感じると分泌されホルモンとは?

 

普段から仕事、人間関係、家族関係、夫婦関係、友達関係・・・などのストレスは、誰もが抱えていることだと思います。
その上で『食事』という人間にとって強い欲求を我慢する、つまり“ダイエット”をするようになるとさらに強いストレスを感じるようになるのですが、そうなると自然とストレスに対抗しようとして『コルチゾール』というホルモンが分泌されます。
もちろんコルチゾールはストレスから身を守るホルモンなのです。
怖そうな名前ですが悪いものではないですよ!たとえば、ハチに追いかけられて全力でにげなきゃいけない時などに火事場の馬鹿力を発動するのがこのコルチゾール。
ピンチの時には必要な大切なホルモンなのですが、一方でデメリットもたしかに有ります。

 

 

・エネルギー代謝を邪魔するコルチゾール。

 

『成長ホルモン』というのは脂肪燃焼を助ける、つまり痩せさせてくれるホルモンです。
これが減るということは、脂肪があなたの体内に蓄積されるということなのですが、なんとコルチゾールは成長ホルモンの生成を邪魔してしまうんです!
あなたの体内でできる成長ホルモンが減少すると、脂肪が燃焼されずに『太る』という結果になりますので、大ピンチなのです。

 

さらに、コルチゾールは筋肉を減らすため、全身の筋肉量が少なくなって、筋肉でのエネルギー代謝が落ちてしまいます。
また、成長ホルモンは若返りのホルモンでもあります。
いつまでも若くてツヤツヤの美肌を保つためには、成長ホルモンが欠かせません。
ストレスで肌荒れが、、、というのもこれが理由かもしれませんね・・・。

やはり女性は生理前にお肌が荒れる・・・という方が多いと思いますが、一体なぜなのでしょうか?
実は、生理前に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが、男性ホルモンのように皮脂の分泌を活発にしてしまう働きをもっているのです。
結果、大人ニキビの原因でもあるアクネ菌の繁殖を加速させてしまいます。
ほかにも、むくみや、くすみの原因でもあるのが、この黄体ホルモンなのです。
・・・なんて聞くと悪いホルモン??と思ってしまいますが、黄体ホルモンが分泌されることで月経周期が安定します。妊娠にはとても大切なので、別名・妊娠ホルモンとも呼ばれている女性にはなくてはならない大切なホルモンなのです♪

 

・どんな周期で分泌されるの??

 

女性の生理には周期がありますが、月経期 ⇒ 卵胞期 ⇒ 排卵期 ⇒ 黄体期という4つの周期が繰り返されています。
生理直前の7日間(黄体期後期)は最もお肌の調子が悪くなり、吹き出物ができやすく、紫外線にも過敏になってしまうのでシミ、そばかすもできやすいお肌のトラブル期。
なので、この時期に過剰なスキンケアを控えることがとても大切です。

 

・大人ニキビ対策ってあるの??

 

気をつけたほうがいいことはあります。
お化粧は、毛穴に詰まりやすいリキッドタイプのファンデーションよりも、ルースパウダー(おしろい)やパウダーファンデーションのほうがオススメ♪
そして、化粧品の油分は皮脂と同じで大人ニキビの原因のアクネ菌の栄養となるので、決してつけすぎないようにしましょう。
また、この時期は皮膚に油を詰まらせないようにするため、クレンジングが大切です。
個人的には肌には刺激の少ないクリームタイプ、またはジェルタイプのクレンジングがオススメ。
逆に良くないと言われているのが、界面活性剤の多いオイルクレンジング。
周期を考えて肌へのケアの仕方も変えていくと、大人ニキビの対策になると思います♪
私はこの時期はお化粧を薄めにして、なるべく帰ってすぐに化粧を落とします!
そうすることでお化粧をしている時間をなるべく短くするように意識しています。

実際にIライン脱毛を行った場合に、日焼けなどによって皮膚の部分にまでレーザーが反応をしてしまったらと心配な方は、真っ黒なものにしか反応をしないという「YAGレーザー」なら心配はいりませんよ。
肌の表面も傷つける事無く、毛根を破壊する事が出来るので、カウンセリングの時に確認をしてみましょう。

 

カウンセリングは、自分の不安や疑問を全部解決してくれるとても大切なものとなります。
大いに利用をしましょう。

 

他にも、頼りになる存在は口コミです。
事前に口コミ情報を確認しておけば、安心度が高まりますよね。

 

脱毛に関しては、エステなどを利用されてる方も多くいらっしゃるかと思いますが、Vラインの脱毛となると、恥ずかしくてエステには行きにくという現実もあるのではないでしょうか。
ですので、Vラインに関しては自宅での、カミソリや毛抜きなどの自己処理をしている方も多いハズですよね。

 

しかし、カミソリを利用した場合においては、すぐにムダ毛が生えてきたり、毛抜きを利用した場合においては、抜いた事によって毛穴に炎症を起こしたりといった事もあるかと思います。
そんな、自己処理におけるトラブルは、やはり抱えたくないものですよね。

 

エステなら見違えるほどの肌を手に入れる
Vラインは、デリケートゾーンですから、人の目に触れるエステなどでの処理は恥ずかしい・・。
確かに、その気持ちは分かります。
しかし、Vゾーン以外の部位をエステなどを利用して脱毛を行った事がある方は、ご承知かと思いますが、自己処理と、エステによる脱毛とでは大きな差があります。

続きを読む≫ 2014/01/30 21:06:30

続いて気になるのは、費用と痛みですよね。
平均とされるIラインの脱毛コースは、2か月おきのサイクルで1年に6回程度となります。
費用に関しては1回につき2〜3万円となります。

 

時間は、1回につき1時間弱となります。
決まった時間に予約を入れて、時間が余ったという場合には他の部分も脱毛してもらえるなんて嬉しいサービスも耳にする事があります。

 

感じる痛みについてですが、ご存じの通りIラインは毛が太めですよね。
その上、皮膚も薄いため、他の部分と比較とすると、施術の際に伴う痛みは強めとなってしまいます。
痛いのが怖いといった不安がある方は、コースですぐに契約を行わずに、1回ずつの施術で試してみる事をおすすめします。

 

お試しキャンペーンなどを有効に活用してみるのも良いですよね。
どうしても痛みが怖いという不安がある方は、麻酔があるサロンもあるので確認をしてみましょう。

続きを読む≫ 2014/01/30 21:06:30

脇毛の脱毛方法 脇に最も優しい脱毛方法はコチラ
妊娠中や出産直後でも、実は脱毛出来ないことはありません。
しかし、処理を断るサロンがほとんです。
もちろん、脱毛に使うマシンや光が胎児に影響を与えたり、産後の体に悪影響を及ぼすということではありません。
それであれば、危険すぎて普通の状態でも脱毛しようとは思えないですよね。
妊娠中や産後すぐにサロンで施術ができない理由としては、女性のホルモンバランスによるところが大きいでしょう。
妊娠中はもちろんのこと、出産後も、女性はホルモンバランスが崩れがちです。
妊娠すると食べ物の嗜好が変わったり、それまで1回も貧血になったことが無いような人が貧血になったりします。
他には急に頭痛やめまい、吐き気などもあり、体調が安定しない方も多いでしょう。
妊娠している女性の体には、いろいろな変化があります。
毛に関して言えば、妊娠前よりも濃くなったり薄くなったり、今まで無かったところから生えてきたなんてこともありますね。
これらはホルモンバランスの変化によって引き起こされているのです。
当然側サロンとしては、キレイしてあげたい気持ちはありながらも、お客様の体第一ですから、
ホルモンバランスがもとに戻ってから来店するよう案内せざるをえません。
ですから、家庭で自己処理する分には問題はありません。

 

ただし注意しておきたいのは、医療機関によるレーザー脱毛は、エステサロンなどの脱毛のように特定商取引による法律が適用されない点です。
エステなどでは途中解約金に関する規制やクーリングオフ制度などが適用されますが、医療機関の脱毛は医療行為とみなされるために適用外となってしまいます。
中にはそこを悪用する悪質な業者もいるようですので、信頼できる医院やクリニックを選ぶのは、万が一の時のためにも重要ですね。

 

 

ありがとうございました。

続きを読む≫ 2014/01/25 20:04:25

脱毛のやり方には、様々な方法があります。
ワキ脱毛でもやり方がたくさんありますから、あなたが行くエステやサロンによっても、まったくやり方が違っているかもしれません。
女性で、ワキ脱毛を希望する方が多くなっています。
そこで、ワキ脱毛ってどれくらいの期間通うことになるの?という疑問があるかもしれません。
この答えも、あなたが通うエステやサロンの考え方によって違っています。

 

少しでも早くにワキ脱毛を終えたいと思うときには、1カ月程度で終えることもできます。
もっと念入りに、ワキ脱毛をしたい!と思う方もいるでしょう。
もっと念入りにワキ脱毛をしたいと思うときには、3か月以上の長い時間をかけながら、丁寧にワキ脱毛をすることもできます。
あなたもどんなワキ脱毛をしてほしいのかも考えながら、通う期間や時期また気になる料金なども相談したいですね。
自分のワキ脱毛のプランにあった、エステやサロンに行くことをおすすめします。
エステ脱毛と医療脱毛の違い
脱毛のことがよく分からなかったら、どんないい脱毛方法があるのか詳しくないかもしれませんが、脱毛の方法はたくさんあって、それぞれに特徴やメリットやデメリットもあるのです。
あなたも各脱毛の特徴をつかんで、自分の脱毛にいかしていきましょう!

 

 

ありがとうございました。

続きを読む≫ 2014/01/25 20:03:25